入社式


 本日、大石会計には2名の新卒生が入社してくれました。この売り手市場の中でも、素晴らしい人材に出会えたことがありがたいことです。

 私が新入社員に特に言いたいことは、人生に目標を持って欲しいということです。その場合、出来るだけ大きくて、出来るだけ遠くの目標がいいのです。

 単に資格を取るとかではなく、資格を取ってどうなりたいだとか、40歳ではどうなっているだとか、そんなのがいいと思います。

 人生は40歳がほぼ中間地点です。孔子は論語の中で「四十にして惑わず」と言っていますが、40歳になった時に、人生の後半戦をどのように過ごしたいのか迷っているようでは困りものです。

 もちろん凡人の私たちは、40歳になったからといっても、孔子が到達したような人生の深いところまで達することは出来ません。しかし凡人なりにも、心を磨きながら経験を積んだら40歳で人生の方向性を見失うようなことにはならないはずです。

 40歳は人生の頂点です。いいや40歳なんてまだハナ垂れ小僧だ、との声が聞こえてきそうですね。確かに、社会的地位も収入もその後にピークを迎える人が多いのですが、心身ともに最も充実しているのは、やはり40歳前後なのです。

 その後の人生は、40歳の時に到達した山の頂の高さに比例する気がします。出世や昇給はそのご褒美です。だからそれまでに頑張ったほうがいいのです。

 目標とともに決してぶれない北極星のような基準も必要です。他人の意見は参考にしつつも、それに振り回されることなく、自分の責任において自分の人生を生き抜いて欲しいものです。