ヒヨコの原点


 新卒で就職した地方銀行員時代、最初に配属された支店で出会った直属の上司と先輩からは多くの影響を受けました。

 ヒヨコは初めて見たものを親と思うといいます。私のビジネスマンとしての原点はここでした。

 既に、お二人とも定年になり第二の人生を送っています。たまにする食事会では、時を超えて現役時代の話に遠慮のない花が咲きます。

 私が25歳で銀行を退職して税理士受験に専念しようとしたとき、当時40歳の上司は「お金に困ったら言ってこい」とありがたい言葉で送り出してくれました。もちろん無心することはありませんでした。

 この上司は、行内で上手く立ち回れない性分のため、残念ながら出世街道から取り残されました。「この人のために働きたい」と、私に初めて思わせてくれた自慢の上司です。

 先輩は、面倒な私の面倒を面倒臭がらずによく見てくれました。銀行員としての能力はさほどではありませんでしたが、社内外の誰をも気持ちよくさせる人柄の持ち主でした。失礼ではありますが予想を超える出世をした、これもまた自慢の先輩です。

 この先輩は若いとき、取締役から成果を認められた場面で、「自分よりも同期入社のA君の方が素晴らしい頑張りをしています」と言ったのです。仲間をフォローするそのひと言が役員から心底気に入られて、そのまま一気に出世街道に引き上げられた人です。

 僅か3年の銀行員生活のなかで、コツコツと真摯に、考えるより動く、期待をさせて応える、仲間を裏切らない、苦しい顔をしない…お二人からは基本を学びました。そして実績を残すこともです。どんなにいい奴でも、成果を上げられなくてはビジネスの場では価値がないことも学びました。

 今となっては時効ですが、銀行在職中に財務の検定試験を3人で受験しました。お二人は私からのカンニングで受かりました。お二人の昇給の一部は私のアシストによるものです。若き日の思い出です。