緊急でなく重要なこと


 安倍首相が2012年の就任当初から宣言していた訪日外国人客の誘致は、2017年に2800万人を超えました。2012年のインバウンドは約800万人と、韓国より低い世界30位でしたから立派なものです。

 首相が宣言して大きな国家目標を達成することに比べたら、中小企業が売上げ8000万円を、5年で2億8000万円にする方がはるかに簡単です。どちらにしても目標は言葉にし、できることなら文字にすることが大切です。

 しかし、多くの人は将来の目標を宣言しません。心の中で思っているだけでは実現できないのです。なりたい自分が分らないのかもしれませんね。

 いつも頭の上のハエを追いかけているだけでは、現在の環境を変えることは難しいです。将来の目標について考える時間はあえて特別に作るしかありません。

 時間管理のマトリックスをご存知の方は多いと思いますが、そこで緊急ではないけれども大切なことに時間を割くのがもっとも人生を変えてくれるのです。

 例えば、経営計画を作成する、資格の勉強をする、ダイエットをする、体力をつける、英語をマスターする…これらは今すぐにやらなくても問題ないことばかりです。しかしやった人とやらない人の10年後の結果はまったく違うものになるはずです。

 “急ぎではないけれども重要なこと”を意識することが大切ですよね。あなたにとって重要なことは何ですか?