伝え方と受け取り方


大野

 社会での対人関係において、いかに分かりやすく自分の考えや相手への思いなどを伝えるかはとても重要なことだと思います。またそれと同時に、こちらからの発信に対して、相手がどう受け取るかということも重要ではないかと思います。つまり日頃の相手への伝え方により相手の受け取り方が変わるということです。

 例えば部下の指導について、上司はプラスのイメージで部下に伝えていますが、部下はマイナスのイメージで受け取ってしまうと、やはりうまく伝わっているとは言えず響きません。部下が自ら気付くことができなければ、上司は伝え方を変え、何度でもできるまで言い続けなければならないと思います。

 私も早いもので大石会計に入社して3年が過ぎました。まだ教わることがたくさんある一方で、後輩に教えることも学んでいかなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA