祖母

LINEで送る

皆瀬

 ゴールデンウィークに久しぶりに会った祖母が、99歳になったことを知りました。白寿のお祝いとは言いますが、嬉しいとはちょっと違う、とにかくこの先も元気で長生きしてほしい気持ちと、これまでありがとうという感謝の気持ちになりました。

 たくさんの孫やひ孫に囲まれて、心配もかけることも多いのですが、温かく見守ってくれています。

 祖母は年の割には体も心も元気すぎるがあまり、親族からは冗談で妖怪扱いされています。コロナ前はお友達と頻繁に旅行に出かけ、書道教室に通ったりもしていました。いつも髪を整え、お化粧もして、お酒も飲み、よく話をします。顔が広く、アクティブです。

 数年前のある日、初めてネイルサロンに行ったと嬉しそうに、キレイなピンクの爪をした手を見せてくれたことがありました。これは私にとってかなり衝撃的で、我が祖母ながらすごい人だと思ったのを覚えています。

 祖母がこれまでどんな人生を歩んできたか、私が知っているのはおそらくほんの一部で、たくさんの苦労もしてきたのだと思います。しかし私も祖母のように人一倍人生を謳歌したい、新しいことにチャレンジし続けていこうと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント


上の計算式の答えを入力してください

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA