初めてのこと

LINEで送る

占部

 私事ではございますが、2021年6月に子供が生まれました。

 男にとっては「あるある」なのかもしれませんが、妻から妊娠したことを告げられた時は自分が父親になるという実感が全くと言っていいほどありませんでした。もちろん子供が出来たという事実に関しては飛び跳ねるくらい嬉しかったのですが、それ以外で気持ちの変化があったかと言われると疑問です。

 お腹が日に日に大きく重くなり体調も変化していく妻とそれを見ているだけの自分とでは、これから生まれてくる子供に対しての気持ちに差があったことは明確でした。

 そんな中で一番実感が沸いた出来事は赤ちゃんがお腹を蹴った瞬間を見た時でした。それまでは「お腹が大きくなってきている妻」という見方を自然としてしまっていたのですが、外からはっきりと足の形が見えた時に当たり前なのですが、「人がいる!」と思いました。 

 妻からしたらたぶん大したことない出来事だったのですが、私はものすごく感動しました。その頃からは今までの比ではないくらい自分の子供が生まれてくるのが楽しみになりました。

 実感が沸く前の私を見て、どう感じていたかを妻に聞いたことがあるのですが、「この人はこれから生まれてくる子供に対して果たして興味を持ってくれるのだろうか」と本気で心配したと言われてしまいました。

 そう思われても仕方がない振る舞いだったと思います。そんなこともありましたが、無事に自分の子供にちゃんと興味を持つことが出来て良かったです。生まれる前も生まれた後も分からないことだらけですが、とても充実した日々が続いています。

 子育てをしている中で、仕事でお世話になっている方に言われたある言葉を思い出しました。それは「子供の事を考えると仕事でどんな辛いこと、苦しいこと、理不尽な事があっても我慢できるようになる」という言葉でした。それを聞いた時、私は正直なところ「そんなの綺麗事じゃないの?」「本当に心の底からそう思っているの?」「本音ではなく建前では?」と思っていました。

 しかし、不思議なもので今ではその言葉の意味が分かるような気がします。自分の解釈では我慢できるというよりはそういう状況になったとしてもあまり心が乱れなくなるような感覚です。細かいことを気にしなくなるというか、良い意味でどうでもよくなるというか、そんな感じです。

 自分の意志ではどうにもこうにもできないものと常に対峙していると心が鍛えられるのでしょうか。鍛えられる過程では感情を乱されまくっていますが、それが良いのかもしれません。笑

 自分の子供がどんな風に成長していくのか今後が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント


上の計算式の答えを入力してください

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA