習慣

LINEで送る

今井

 事務所のデスクを整理していたら、以前社内で受講した、「かたづけ」の研修資料が出てきました。とても印象に残る研修であったため、手を止めて見返してみました。その研修は、単なる整理整頓の方法論に終始するのではなく、かたづけを通じて「習慣」を身に付けることに軸を置くものでした。

 習慣というと難しいイメージがありますが、ここで学んだ大切なことをまとめると、物事を正しい方法・手順で実行していくこと、すぐに行動すること、そして、継続することといった点です。

 かたづけそれ自体に専門知識や特別な技術が必要なわけではないため、簡単そうにも見えますが、いざ実践するとなるとなかなか難しいものです。
かたづけをしなくても日常の業務は普通に回ってしまう(回っているようにみえる)ため、ついつい後回しにしてしまう、気合を入れて始めてみたものの長続きしない、などを繰り返しているうちに、いつの間にか辿り着きたかったゴールが見失われてしまうからです。

 何をやるのかも重要ですが、ひとつひとつはそんなに難しくはないことであっても、いつやるのか、どこまでやるのかで結果は大きく変わるものだと改めて気付かされました。

 仕事や勉強にも通ずるものがあります。習慣とはこういったことの継続と積み重ねのことで、一つでも多く良い習慣があることは人生そのものを豊かにするのだと思います。

 達成したい目標、到達したいゴールに向けて、小さなことからコツコツとやっていきます。

 このコラムを書き終えたので、ビールを一杯と思いましたが、実務書に目を通してからにします。ビールをやめるのも少しずつコツコツと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント


上の計算式の答えを入力してください

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA