働くということ

LINEで送る

今井

 大石会計事務所では、2021年春入社予定の採用活動を行っています。また、早い段階から事務所や業界について興味を持ってもらうべく、この夏からインターンシップにも取り組んでいきます。

 コロナ禍での活動のため、例年よりも長期化し、学生の側も不安が大きいものと思われますが、その分自分の将来について深く考える時間が増えたのではないでしょうか。

 これまで多くの学生と話しをしてきた中で、就職した後をイメージしている方は意外と少ないと感じています。どこに就職するかも大切かもしれませんが、そこでどうなりたいのかがもっと重要です。

 教育システムや待遇面を質問するだけではなく、将来こうしたい、こうなりたいということを前向きに語ってもらいたいです。

 自分の将来を作るのは自分が歩いた日々の一歩の積み重ねです。そこにはただ歩くだけでなく、できたら明確な目標があったほうが良いのだと思います。

 会社説明会や各選考過程で、事務所や業界のこと、ここで働く仲間のことを伝えていくことは私にとっても自分自身が働くことの意義を考える貴重な時間です。

 働くことの意義は人それぞれで正解も不正解もありません。人並みですが、仕事を通じて成長すること、学んだこと経験したことをひとつでも多く社会に還元し人の役に立つことが私の働く意義です。

 改めて考えると、まだまだやらなければならないこと、もっともっとやりたいことがたくさん出てきます。チャンスを与えてくれる環境に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA