絶対、ということ


髙津

 新人に仕事を依頼して戻って来たときに、必ず聞くことがあります。それは「絶対に合っている?」です。

 会計事務所は、様々な資料と向き合うことが多くあります。経費の請求書や領収書、売上の請求書や領収書、給与明細など、会社毎に書き方も書式もそれぞれです。

 それらを会計処理した際に、正しく反映されていないことはとんでもないことなのです。

 ですから、新人へ依頼した仕事を返してもらった時に「絶対に合っているか」を聞きます。

 答えは自信をもって「絶対に合っています」と言って欲しいものです。不安があれば、「ここまでは絶対に合っています。ここから先が不安なので見て欲しい」と言ってもらいたいのです。

 それを継続しているうちに「ここまでは絶対に合っています」のレベルがどんどん向上していくはずです。

「絶対に~」はあり得ないと言われることもありますが、お客様の命の次に大切なお金に関わる仕事をしている以上、私はそれを求めていきたいと思っています。

「私、絶対失敗しないので」※のあの方のように、「私、絶対合っていますので」と言える自分になりたいです。

※米倉涼子主演ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の名ゼリフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA