人を育てる


大野

「組織で評価されるのは、部下を育てることができる人です」と教えてもらう機会がありました。

 自分だけの仕事が出来るだけではなく、部下の能力も高められるよう指導出来る人がいる組織は強くなるということだと思います。

 部下の気の緩み、未熟さを理解した上で「駄目なものは駄目」と指導できれば、人を育てることは出来そうです。そしてその部下から、信頼を得ることが出来るでしょう。

 仕事の期限は厳守、進捗状況の報告、同じミスを繰り返させない、できない理由を分析し、改善、対応策を考える。成果を挙げれば褒めて評価する。将来その部下が上司になり部下を指導する。このような循環で組織は強くなっていくのではないでしょうか。

 私も大石会計事務所に貢献出来るよう、日々精進していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA