プライドを持つな


山田

 堀江貴文さんの『本音で生きる』を読みました。前から堀江貴文さんって実際はどんな人なのか、ライブドア事件で逮捕されてもなおテレビに出たり書籍を沢山出したり、なぜこんなに注目を浴びているのだろうと思っていました。そんな気持ちが高まってワクワクしながら本書を手に取りました。

 本書は、後悔せずに強く生きる、他人に振り回されずに生きるためのヒントを知ることができます。

 1番心を動かされたのは「プライドを持つな」ということです。「失敗が嫌だからやらない」とか、「あとで何か言われそうだから言わない」とか、本心を殺してしまうことって多くないでしょうか。

 たとえば、初めて会う人に恐れを抱いてしまうことがあります。特に相手が偉い人だったり、実力がある人だと「相手に悪く思われたらどうしよう」「バカだと思われたらどうしよう」と思って口から言葉が出て来なくなってしまいます。

 変にプライドを持っていると何もできません。怖い相手は自分のプライドが作っているそうです。考えすぎてしまうと人はチャンスを逃がしてしまいます。

 私も自分のちっぽけなプライドを乗り越えて新しい仕事に挑戦したり、沢山の人と出会っていけば未来は変わっていくだろうなと思いました。『本音で生きる』、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA