みんなの笑顔がみたいから!

LINEで送る

河本

 新型コロナウイルスの感染関連、安倍元首相の襲撃、新聞やテレビのニュースでは毎日のように、暗いニュースや厳しい話題も報道されています。

 ごくごく普通に暮らしてゆくことさえも大変な時代になったなぁと、リアルに感じるなか、夢とか希望とか、そういうことさえも、ひと昔前の忘れ物のように思えてくる今日この頃です。  

 こんなご時世のなか、私の友人たちは、街頭でパフォーマンスを行っています。いわゆる「大道芸」です。演目は、人形振り・パントマイム・ジャグリング・風船アートなど様々ですが、皆さまもどれか一つは街中で目にしたことがあるのではないでしょうか。

 大の大人にもかかわらず、「みんなを楽しませたい!」という想いだけで、夏の暑さにも冬の厳しさにも弱音をはかず、街中に立って全力でパフォーマンスを行い、観ている人たちを楽しませています。そんな姿を目の当たりにすると、ワクワク・ドキドキが止まりません。

 時には笑われたり、悪口を言われたりすることもあるようですが、それでも『みんなの笑顔がみたいから!』を合言葉に頑張っています。そんな彼らを見ていると「この時代も、まだまだ捨てたものではない」と心が温かくなります。

「世界や社会を変える!」なんてことは、とても大きくて一人では成しえない目標ですが、こうした日常のささいな場面での笑顔が増えれば、それが誰かの力や救いになるかもしれない。それを積み重ねていけば、きっと世の中は良い方向へ進むのではないかと思います。

 私の周りにはそうした素敵な想いや大きな夢で満ちあふれている人たちが沢山います。私はパフォーマーではありませんが、彼らと同じ思いを持ち、その一員として別の場面で誰かを笑顔にしていきたいと思っています。

 これを読んでくださった皆さまに、「今日一つでも笑顔が増えますように!」と、心から祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント


上の計算式の答えを入力してください

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA