相続税申告

相続税が発生する場合、被相続人が亡くなってから10ヶ月以内に相続税の申告をする必要があります!

相続税とは?

相続税とは、被相続人の死亡により、被相続人の親族等の相続人が相続で取得する財産に対して課税される税金です。 遺言書によって譲り受けた財産についても相続税が課税されます。(※贈与税の場合もあります。) 相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日(通常は亡くなった日)の翌日から換算して10ヶ月以内に、亡くなった方の死亡時における住所地を管轄する税務署に申告をおこなうことが必要です。 詳細は大石会計事務所の相続サポート専門サイトをご覧ください。