セカンドオピニオン

経験と実績を基にしたご提案を致します!

セカンドオピニオンとは、医療用語で主治医とは別の医師による診断、つまり第二の意見を求めるもので、患者様にとっては自分の症状について複数の見解を聞くことができます。
別の会計事務所によるアドバイス、それが会計事務所のセカンドオピニオンです。
大企業であれば顧問税理士を複数契約する余裕はありますが、中小企業にとっては複数契約する余裕があるところは少ないのが現実です。
そこで現状の顧問税理士との契約はそのまま継続しつつ、様々な業種の顧問経験を基に経営に関するアドバイスを行ないます。