結果を残す


高城

 大石会計では年始にナンバーワン宣言というものを各人が決めています。これはなりたい自分であったり、すでにできているけれどももっと磨きをかけたいことを宣言するものです。そして毎朝の朝礼で発表しています。例えば「笑顔日本一」と宣言しているのに笑顔じゃない人がいたら、ナンバーワン宣言と違くない?となるわけです。

 私の今年の宣言は「結果を残す日本一」です。今年も半月が過ぎようとしているので、改めて年始に考えていたことを思い出してみました。なぜ「結果を残す日本一」にしたか、理由は2つあります。

 まず一つ目は仕事です。私はこの6月で大石会計に入社して15年が経ちます。20歳で入社して(年齢がばれますが・・・)何もわからない私に、ここには書ききれないほど沢山のことを教えてくれました。本当に感謝しかありません。

 仕事を通じて目に見える恩返しがしたいなと思ったのが理由の1つです。積極的に仕事に取り組む・事務所がやろうとしていることに積極的に参加するなど、やることによって自分にもいい結果が残ると私は思っています。できているかは周りの人が判断するものですので、できているよね!と言われる行動をしていきます。

 そして二つ目はマラソンです。7・8回出場しているフルマラソンですが、毎回不甲斐ない結果に終わっています。フルマラソンは練習したことが結果としてそのまま表れます。過去出場したのは全て本番1か月前に少し走るくらいにも関わらず、「サブ4します!(4時間切り)」なんて言っていたのですから恥ずかしいものです。今年は前回出場したフルマラソンが終わったときに、「来年はサブ4します!」と宣言していました。宣言したからには、やはり結果を残す!と強く決めていましたのでナンバーワン宣言として掲げました。

 この所員の窓でも宣言していますので、もうやるしかないですね。結果は11月。楽しみにしていて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA