コンサルタントについて


佐々木 広幸

 この仕事をしているといろいろなコンサルタントを知る機会が多いのですが、コンサルタントは国家資格でないため誰でもコンサルタントと名刺に載せることが可能ですし、何とかコンサルタントとして商売することも可能です。誰でもなれる分、当然怪しいコンサルタントも沢山います。報酬の支払いも、定額でもらうコンサルタント会社や、歩合のコンサルタント会社など多様にあります。

 以前担当していた会社で、誰でも知っている大手のコンサル会社と契約を結び報酬の支払いは毎月で支払っていましたが、1年半くらい経過しても効果があらわれないため解約したケースがありました。その社長は、大手だから結果は出ると思い契約したのですが、解約した後に言ってたことは、大手だから信用していたがぱっとしなかったと言っておられました。

 そういうお話を聞くと、完全歩合報酬のコンサルタントが大勢占める世の中になれば、胡散臭いコンサルタントは市場にいられなくなるので、本物のコンサルタントだけが市場に残り、利用者にメリットある世の中になるのではないかと考えます。完全歩合で結果を出せるコンサルタントの出現を望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA